2021/02/08【新型コロナウイルス:COVID-19】免疫不全患者で変異進む 新型コロナウイルス、英米報告 /イギリス

免疫不全状態の血液がん患者が新型コロナウイルスに感染し、抗体を含む他人の血液成分「血漿(けっしょう)」を投与する治療を受けたところ、体内でウイルスの変異が進んだ例があることが分かった。英ケンブリッジ大などの研究チームが8日までに英科学誌ネイチャー電子版に発表した。
この患者は70代男性で、感染確認から約100日で死亡した。研究チームはウイルス変異が死亡に至った主因ではないとみているが、免疫不全の感染患者でウイルスが変異して死亡した例は米国でも報告されており、注意深く治療し、院内感染防止を徹底する必要性を指摘している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021020800779&g=cov

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る