2021/01/28【新型コロナウイルス:COVID-19】ブラジル変異型 マナウスの感染者85%超から検出 /ブラジル

日本の羽田空港で確認されたブラジル由来の変異ウイルスが、ブラジル・マナウスでは感染者の85%から検出されたことが分かりました。
ブラジルメディアが報じたブラジルとイギリスの研究者の分析によりますと、ブラジルの変異型ウイルスP.1は、感染が多く確認されるアマゾナス州マナウスで今月に感染者から採取された142の検体の85.4%から確認されたということです。
11月までの検体からは確認されず、先月は52.2%が変異型ウイルスだったということです。
ブラジル型変異ウイルスはイギリス型、南アフリカ型の変異を合わせ持っていて、2つの型より感染力が強い可能性も指摘されています。
現地で旅行会社経営・島準さん:「去年の年末ぐらいから徐々に感染率がだんだん上がってきて心配だなと思った。病院の病床が足りなくなる状況になってきたのは、多分1月10日前後くらいからだと思う。それから感染者の数は増える一方。直接の知人の話だとあんまり『どこでかかったか正直思い当たらない』と言っていた。恐らく感染力が第1波より高いのではないか」
この変異ウイルスはブラジル国内の今の感染拡大の要因とみられているほか、日本、アメリカ、イギリス、韓国など8カ国以上でも確認されています。
https://news.yahoo.co.jp/…/56919008c9f721764d9e1e14dcbe…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る