【新型コロナウイルス:COVID-19】ガンバ大阪 “試合後マスクつけず会話“がコロナ感染の要因か /大阪府

プロ野球とサッカーJリーグによる新型コロナウイルスの対策連絡会議が開かれ、J1のガンバ大阪で選手やスタッフに新型コロナウイルスの感染が相次いだことについて、専門家からは試合後にマスクを着用せずにロッカールームで会話をしたことなどが要因になった可能性があると指摘されました。
サッカーJ1のガンバ大阪では、今月10日までに選手やスタッフなど8人が新型コロナウイルスに感染し、これまでに公式戦6試合が中止になっています。
これを受けて22日の対策連絡会議の後の会見で、東北医科薬科大学の賀来満夫特任教授は試合後にロッカールームで、マスクを着用せずに会話をしたり、移動用のバスに設置されたトイレを共同で使ったりしたことなどが感染の要因になった可能性があることを明らかにしました。
そして、ロッカールームではマスクの着用や換気を徹底すること、バスで移動する際にはパーキングエリアのトイレを使用することなど、今後取るべき対策を指摘しました。
そのうえで、賀来特任教授は「ガンバも非常にしっかりとした態勢をとっているが盲点があった。今回の事例をしっかりと受け止めてリスクを共有し、移動や検査態勢の見直しを継続的に議論していきたい」と述べました。
また、Jリーグの村井満チェアマンは「ロッカールームに試合前にはマスクをして入るが、試合後にマスクが外されている可能性があった。反省点は基本中の基本ということになる」と話しました。
ガンバ 23日からチーム活動再開
ガンバ大阪は、選手やスタッフ合わせて8人が新型コロナウイルスに感染して2週間休止していたチームの活動を23日から再開すると発表しました。
ガンバは、今月2日以降、選手6人とスタッフ2人の合わせて8人が新型コロナウイルスに相次いで感染したことを受けて9日からチームの活動を休止し、今月予定されていたリーグ戦6試合が中止になりました。
ガンバによりますと、その後、チーム全体で2回行ったPCR検査で新たな陽性者が出ず感染が広がる可能性が低くなっているとして、23日の練習からチームの活動を再開すると発表しました。
今後は、選手が練習後にマッサージなどを受ける部屋を2か所に分けるほか、チームの施設にある浴槽の使用を禁止するなど徹底した感染対策を行うということです。
ガンバ大阪の小野忠史社長は「活動の再開にあたりより一層の感染対策を講じ、安心・安全な試合開催に向けて取り組んで参ります」などとコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/…/20210322/k10012928731000.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る