【子どもの腎臓の病気】子どもに発症する腎臓の病気、急性糸球体腎炎症候群

【子どもの腎臓の病気】子どもに発症する腎臓の病気、急性糸球体腎炎症候群

子どもに血尿やむくみがみられたら、急性糸球体腎炎症候群などの腎臓の病気の可能性があります。ここでは、子どもに発症することがある急性糸球体腎炎症候群について、症状や治療のポイントを説明します。

急性糸球体腎炎症候群の症状とは? 急性糸球体腎炎症候群は成人や高齢者も発症しますが、一般的に子どもの発症例が多い病気といわれています。晩秋から寒冷期に多く発症する傾向があります。突然以下のような症状が生じる腎疾患を総称したものです。

・ 血尿
・ 蛋白尿
・ 高血圧
・ 浮腫(むくみ)

糸球体は、腎臓の皮質を構成する腎小体という組織の中に存在します。血管が糸玉のようなかたまりになっている糸球体は、血液中の不必要な水分や物質などをろ過して尿の元を作ります。

急性糸球体腎炎症候群の原因 急性糸球体腎炎症候群の原因は、糸球体の細菌やウイルスへの感染です。特に溶連菌(溶血性連鎖球菌)への感染が多い傾向があります。他に、黄色ブドウ球菌や肺炎球菌、マイコプラズマなどの病原体が原因菌として挙げられます。
このような病原体が体内に侵入すると、扁桃(咽頭のリンパ組織)や喉に炎症を起こします。

急性糸球体腎炎症候群の治療 尿の量が減少し、むくみや高血圧の症状が強い場合は、利尿薬や降圧剤を用いることがあります。なお、症状が重い場合は入院が必要です。

一般的には、急性期を過ぎるとむくみが軽快して血圧が正常値に戻ります。蛋白尿や血尿は1~3カ月で消失することが多いですが、完治後も定期的に経過観察をする必要があります。

日常生活においては安静のうえ、水分・塩分・タンパク質の食事制限を要することがありますが、急性期の症状が軽快すれば、普段通りの生活に戻れるでしょう。

<まとめ>
子どもに発症することがある腎臓の病気の一つに、急性糸球体腎炎症候群があります。血液中の水分や塩分をろ過し、尿の元を作る糸球体という血管のかたまりに炎症が起こり、血尿やむくみ、高血圧などの症状が急性に生じます。溶連菌などの細菌やウイルスへの感染が原因と考えられています。症状が強い場合は、利尿薬や降圧剤を用いることがあります。なお、症状が重い場合は入院が必要です。

http://news.ameba.jp/20170607-798/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る