2017/11/29【大腸菌】血液製剤輸血で大腸菌感染=女児、国内初の死亡例-日赤

【大腸菌】血液製剤輸血で大腸菌感染=女児、国内初の死亡例-日赤

血液製剤の輸血を受けた10歳未満の女児が大腸菌に感染し、敗血症性ショックによる多臓器不全で死亡していたことが29日、分かった。日本赤十字社が、厚生労働省の有識者会議に報告した。血液製剤から大腸菌が感染した事例は過去に1件あったが、死亡に至ったのは国内初という。

日赤によると、死亡したのは急性骨髄性白血病を再発し、骨髄移植を受けた女児。移植の約1カ月後に血液製剤の「照射濃厚血小板-LR」を投与されたが、嘔吐(おうと)や下痢などの症状があり、20ミリリットルで中止された。この約1カ月後に死亡した。

血液製剤と女児の双方から同一の大腸菌が検出された。製剤を介して感染したとみられ、日赤の担当者は死亡との因果関係について「大きく関係したとみられる」としている。

日赤は同じ献血者からの製剤を既に回収し、医療機関に細菌感染のリスク周知を進めている。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112901395&g=soc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る