【レジオネラ】レジオネラ菌、検出相次ぐ 公共プール浴場など、県が注意呼び掛け /滋賀県

県内の公共プールの浴場などで、肺炎などを引き起こす細菌「レジオネラ菌」の検出が相次いでいる。大津、高島の両市内では今月下旬、ともに公設のプール施設内で検出が続出。施設の一部を利用停止し、洗浄するなどの対応に追われている。

昨年十月にオープンした大津市富士見台の市富士見市民温水プール「スポック富士見」。二十五メートルプールやトレーニング室とともに設けられた男女の浴場内から二十一日、基準値以上の同菌が検出され、同日午後から浴場の利用を停止している。

再開は九月七日の予定。施設入り口には「お詫(わ)び」の張り紙をして、入場者に浴場が利用できないことを伝えているが、親子連れでにぎわった二十四日には「お風呂入られへんのか」と残念がる人もいた。

高島市のスポーツ施設「今津B&G海洋センター」でも二十二日、二十五メートルプールの横にある直径二メートルほどの円形の浴槽(ジャグジー)で検出。現在は浴槽の利用を停止している。

大津市内では先月中旬、県などが運営するホテルの男性用浴場でも検出があり、浴場の利用を一時停止した。市保健所によると、今年はほかにも市内の二施設で検出の報告があったが、いずれも現在は利用を再開している。

いずれも人への感染被害は報告されていない。県生活衛生課によると、温浴施設などの検出は行政への報告義務がなく、県全体の数を把握できていないが「八月下旬で五件の報告があるのは、例年より多い」として注意を呼び掛けている。

なお、県薬務感染症対策課によると、同菌の感染者は今年(十九日時点)、県内で十四人と例年並み。温浴施設などで感染した疑いのある例はなく「雨上がりに土いじりをした」など、屋外で感染したとみられる例が大半という。

https://www.chunichi.co.jp/…/201908…/CK2019082802000005.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る