【マラリア】マラリア:検査・治療をもっと身近に――各地域に救護所を設置

【マラリア】マラリア:検査・治療をもっと身近に――各地域に救護所を設置

スーダンと南スーダンが領有権を争うアビエイ特別行政区のアゴクで、国境なき医師団(MSF)はマラリア救護所(CMAP)の設置を進めている。

救護所を各地域に設置することで、検査と治療を自宅の近くで受けられるようになる。徒歩で何時間もかけて病院へ行く必要もなくなる。

この取り組みは2017年で3年目。重症マラリアの患者数やマラリア関連死の件数を減らすことに加え、早期発見・治療の進めることも目標としている。

CMAPプロジェクトは、2015年に発生したマラリアの集団感染と重症化への対応として始まった。アゴクでマラリアプロジェクト・チームリーダーを務めるタラ・スミスは「地域内での検査・治療を可能とし、重症化してから長距離を搬送されてくるケースをなくすことが目標です」と話す。

http://www.msf.or.jp/news/detail/headline_3504.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  2. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  4. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  5. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る