【ノロウイルス】福岡市 ふたつの保育園でノロ感染 計39人「集団感染が起こりやすい理由」 /福岡県

福岡市保健福祉局は17日、市内東区と西区の2つの保育園で園児ら計39人があいついでノロウイルスに集団感染したと発表した。重傷者はおらず、全員快方に向かっているが、感染拡大防止に向けて保健所が指導を強化している。

発表によると、福岡市東区の保育園では今月1日に園児1人が下痢を起こして以来、複数の園児や職員が嘔吐や下痢、発熱などを発症。これまでに0歳から5歳までの園児23人と、20代の女性職員2人の合わせて25人が症状を訴えており、16日には園児4人からノロウイルスが検出された。

また西区の保育園でも今月8日以降、同様の症状を訴える園児の数が増えており、これまでに0歳から5歳児までの14人が感染。17日には1歳の園児からノロウイルスが確認されている。

現在、ノロウイルスによる感染性胃腸炎が全国的に流行しているが、感染経路には主に二通りある。ひとつは汚染された二枚貝などを加熱不十分な状態で食べることによるケースと、感染者の便や嘔吐物の処理の際に手指を介して二次感染を引き起こすケースで、保育園や幼稚園、高齢者福祉施設では集団感染が起こりやすい。

保健所は、手洗いや食品の十分な加熱、オムツなどの処理には使い捨てのマスクや手袋をつけて、ウイルスの飛散を防ぐよう注意を呼びかけている。

https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/8/28932.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る