【テングス病】桜名所、テングス病深刻 集団枯死の恐れ25カ所 /大分県

【テングス病】桜名所、テングス病深刻 集団枯死の恐れ25カ所 /大分県

大分県内の桜の名所でテングス病の被害が深刻化している。

日田市のNPO法人によると、調査した65カ所のうち、竹田市の岡城跡など25カ所で集団枯死が起きる可能性があり、危機的状況という。回復可能な中・軽度の被害も合わせ、感染は県全域にまん延。枝を切り落とす簡単な対処を怠ってきた結果とみられ、適切な管理をするよう促している。

テングス病は菌の一種により起こるとされる病気で、枝が密集して鳥の巣のようになるのが特徴。花が咲かなくなり、立ち枯れる。

調査した「森と海の共生・ネットワーク」(諫本信義会長・顔写真)によると、姫島村と九重町を除く16市町65カ所のうち60カ所で感染を確認。立ち枯れを避けられない木が半数を超える「激害地」25カ所は、国東半島や県南、豊肥で目立った。

大分市の大分城址公園、平和市民公園などは被害がなかった。同ネットワークは「都市部の街中は比較的、被害が小さかった。手入れが行き届いているかが差を分けた」とみる。

調査地の品種はいずれもソメイヨシノ。ヤマザクラなどと比べてテングス病に弱い。防除方法が確立されていないため、全国の名所で被害が進んでいるという。

拡大防止には巣状になった枝を打ち落とし、伝染源を絶つのが有効とされる。知識が浸透していない上「桜伐(き)る馬鹿梅伐らぬ馬鹿」とのことわざに惑わされ、適切な対処が進まなかったのではないかと分析する。

諫本会長(75)は5日、県庁を訪れ広瀬勝貞知事に調査結果を報告。「被害は予想をはるかに超えていた。美しい花を楽しみ、観光資源として生かすためには、手をかける必要がある」と訴えた。

https://www.oita-press.co.jp/1010000000/…/06/06/JD0056978071

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る