【テトラミン食中毒】新潟市で10日、ツブ貝を原因とする食中毒が発生 /新潟県

新潟市で10日、ツブ貝を原因とする食中毒が発生した。

患者は男性1人、女性2人の計3人。患者らは9日夜、新潟市内の販売店でツブ貝を購入。家庭で調理して食べたところ、嘔吐やめまいなどの症状がみられたため、医療機関を受診した。患者はいずれも入院せず、快方に向かっているという。

調査の結果、残品がツブ貝(エゾボラモドキ)であり、医師から食中毒患者であると届け出があったこと、中毒症状がテトラミンによるものと一致したことから、新潟市保健所は、ツブ貝を原因とする家庭内の食中毒と断定し、市民への注意喚起のために公表することとした。

この食中毒は唾液腺を除去せずにツブ貝を食べることで発症する。症状としては頭痛、めまい、船酔い感、視覚異常、嘔吐などがみられ、発症から数時間で回復し死亡例はない。テトラミンは加熱しても分解されないため、予防策としては調理前に唾液腺を確実に除去することが必要だ。

なお、新潟県の統計によれば、平成26年から30年まで、年平均21.8件の食中毒が発生。件数及び患者数でみると、ノロウイルスやカンピロバクター、寄生虫がいずれも上位を占め、比率としては約6割にのぼる。

https://www.niikei.jp/28676/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る