2017/06/01【ジカ熱】ジカ熱が流行再燃の兆し インドで3人感染 「妊婦は渡航控え」WHO /インド

【ジカ熱】ジカ熱が流行再燃の兆し インドで3人感染 「妊婦は渡航控え」WHO /インド

ブラジルなど中南米を中心に大流行した「ジカ熱」が再び猛威を振るい出した。インド政府が先月、世界保健機関(WHO)に3人の発症を報告したのを受けて、外務省は31日、妊娠中の女性に対して同国への渡航を控えるよう注意を呼びかけた。

蚊がウイルスを媒介するジカ熱は、2015年秋から昨秋にかけてブラジルをはじめとするアメリカ大陸48カ国で感染が拡大。妊婦が感染すると、胎児や新生児が小頭症になったり、手足の筋肉が動かなくなるギラン・バレー症候群を併発するなどの深刻なリスクが確認されている。

WHOは昨年11月に「公衆衛生上の緊急事態は去った」と緊急事態宣言を解除しているが、その後も米国や中南米の諸国では、生まれつき感染している先天性患者の増加が続いている。

そうしたなか、インド北西部のグジャラート州アーメダバード市では先月15日までに3人の感染が確認された。患者のうち2人は妊婦と出産直後の女性で、検診などで血液検査を行った際に感染が判明。64歳の男性は、発熱が8日間続いて診察を受け、ウイルスの陽性反応が出たという。

WHOは報告を受けて、インドを「カテゴリー2」の流行国リストに加え、妊娠中の女性に対して同国への渡航を控えるよう注意喚起を発表した。やむを得ず渡航する場合は、蚊に刺されないよう予防策を徹底するとともに、性交渉による感染リスクも考慮して避妊具の使用などを進めている。

http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20446.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る