2017/03/12【インフルエンザ集団感染】入所者21人、集団感染 105歳女性死亡 舞鶴の介護施設 /京都府

【インフルエンザ集団感染】入所者21人、集団感染 105歳女性死亡 舞鶴の介護施設 /京都府

舞鶴市引土の介護老人保健施設「すこやかの森」(山本富一施設長)は10日、入所者21人がインフルエンザに集団感染し、105歳の女性が死亡したと発表した。職員の発症は今のところ無いという。

「すこやかの森」は国家公務員共済組合連合会が運営する舞鶴共済病院の関連施設。施設によると、3日に入所者2人がせきを、翌4日にはそのうちの1人を含む3人が発熱するなど、9日までに亡くなった女性を含む85~105歳の男女21人が症状を訴えた。3日の発症者からA型ウイルスが検出されていた。

亡くなった女性は7日に発症し施設の医師が治療していたが、肺炎で9日夕に亡くなった。インフルエンザによるものと見られる。

施設には他に96人が入所しており、アレルギーを持つ人を除き、職員と共に昨年12月には予防接種を済ませていたという。感染が分かった後は発症者の居室を隔離し面会者を制限、ショートステイの受け入れを中止するなどの対策をしている。

市高齢者支援課によると、亡くなった女性は市内最高齢だった。

http://mainichi.jp/articles/20170311/ddl/k26/040/492000c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る