【インフルエンザ】集団感染事例は373施設 インフルエンザ「注意報レベル」に /東京都

東京都は、インフルエンザの流行が広がり、患者報告数が「流行注意報基準」を超えたと発表した。流行注意報基準とは、感染症発症動向調査において、10人/定員を超えた保健所の管内人口の合計が、都の人口全体の30%を超えた場合としている。
今シーズン、社会福祉施設や、都内の学校等で発生したインフルエンザ様疾患の集団感染事例は373施設。(12月24日まで)

都では、インフルエンザの対策のポイントとして、「こまめな手洗い」「休養・栄養・水分補給」「咳エチケット」「適度な室内加湿・換気」「予防接種(かかりつけ医と相談)」の5つを紹介するとともに、予防、拡大防止のための注意喚起を促している。

http://www.caremanagement.jp/…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る