【インフルエンザ】受刑者・職員300人がインフル感染 名古屋刑務所 /愛知県

愛知・みよし市にある名古屋刑務所で、受刑者と職員あわせておよそ300人が、インフルエンザを発症していたことがわかった。

名古屋刑務所によると、最初の発症者が出た2018年12月20日から2019年1月31日までに、受刑者205人と刑務官など職員95人がインフルエンザを発症した。

重症者はいないという。

1部屋に受刑者3人から6人が収容されていて、工場での刑務作業で受刑者同士が接触する機会が多かったことなどから、感染が拡大したとみられている。

名古屋刑務所は、刑務作業をやめ、感染者を別の部屋に隔離するほか、受刑者およそ1,700人全員の体温を測定。

また、刑務官も毎日、感染の有無を確認していて、名古屋刑務所は「早期収束のため、あらゆる対策をとっている」としている。

https://www.fnn.jp/posts/00410980CX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る