【インフルエンザ】北朝鮮でインフルエンザの感染拡大、4人死亡・8万2千人感染 /北朝鮮

【インフルエンザ】北朝鮮でインフルエンザの感染拡大、4人死亡・8万2千人感染 /北朝鮮

北朝鮮でA型インフルエンザ(H1N1)が全国的に大流行し死者が発生していると、米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)が報じた。

VOAによれば、国際赤十字社が26日に発表した「北朝鮮A型インフルエンザ発病報告書」は、19日に北朝鮮保健省が世界保健機関(WHO)の平壌事務所に報告した内容として、昨年12月1日から1月16日までの間に12万7000件のインフルエンザが疑われる事例があり、うち8万1640件の感染が確認されたとしているという。実際の感染数は、これより多いものと思われる。

感染者を年齢別に見ると、0歳から7歳までが24.5%、8歳から16歳までが22.8%、17歳以上が52.7%となっている。感染は全国に拡大しており、患者の29%は平壌市在住だ。

WHOは、北朝鮮当局からの要請に応じ、医療関係者と脆弱階層向けにワクチン3万5000本を供給し、うち5000本が到着した。また、国連児童基金(ユニセフ)に予防教育関連の支援を要請した。

国際赤十字社は、北朝鮮で今回流行しているインフルエンザが、中国で現在流行しているものと関連があるものと見ている。

北朝鮮の医療体系は、1990年代末の未曾有の食糧難「苦難の行軍」の際に崩壊してしまった。まともな治療を受けられる施設が不足している上に、保健知識の普及が遅れているため、「MERS(中東呼吸器症候群)には茹でイカが効く」などといった根拠不明の民間療法がはびこる結果を生んでいる。

https://dailynk.jp/archives/104689

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-6-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る