2021/09/05【性感染症:STD】セックスでうつる性感染症の「ピンポン感染」って何?自覚症状なしに進む場合も…

AskDoctorsに寄せられる質問の中で、性感染症にまつわる疑問は少なくありません。もしかして自分が感染した? 感染させた? 世代を問わず、そうした不安を抱える方がいるのです。そこで、産婦人科医の宋美玄先生に「性感染症の基本」を教えてもらう連載をスタート。不安を払拭するには、正しい知識を持つことが欠かせません。性感染症の特徴や最近の動向について、ぜひ再確認してください。
ディープキスだけで感染する病気もある
こんにちは、産婦人科医の宋美玄です。性感染症について、何となく知ってはいるけれど「自分は大丈夫」と思っている方は多いのではないでしょうか。
改めて説明すると、セックスやディープキスなどの性行為によって感染する病気を「性感染症(STI: Sexually Transmitted Infections)」といいます。かつて性病と呼ばれていた病気で、症状がはっきり現れないものも多く、本人が気づかないまま感染を広げているケースも少なくありません。
性感染症には、クラミジア(性器クラミジア感染症)、性器ヘルペス、梅毒、尖圭コンジローマ、淋病(淋菌感染症)など、さまざまな病気があります。日本ではクラミジアが圧倒的に多く、男女ともに罹患数の第1位を占めています。過去の病気だと思われていた梅毒が、ここ数年で激増しています。
このほかにA型肝炎やB型肝炎、膣カンジダ症、トリコモナス症、毛ジラミ症、疥癬なども、性行為で感染することがある病気です。子宮頸がんやエイズ(HIV)といった命にかかわる病気に発展する可能性もあります。
性感染症は、病原体を含んだ精液や膣分泌液、唾液などの体液や血液が、性器や泌尿器、肛門、のどの粘膜や周囲の皮膚に直接触れることによって感染します。セックス(膣性交)でうつると捉えられがちですが、フェラチオやクンニリングスのようなオーラルセックス(口腔性交)、アナルセックス(肛門性交)、ディープキスなどでも感染します。近年はオーラルセックスで、のどから感染するケースが増えています。
一方、「お風呂でうつるのでは…」「同じタオルを使っても大丈夫?」などと心配する人もいますが、通常は性行為以外の日常生活で感染することはありません。
夫婦間のセックスでも感染リスクあり!
性感染症の多くは、発症年齢のピークが20代前半に集中しています。10代や30代も多く、性行動がさかんな若い世代を中心に感染が広がっています。
特定のパートナーとだけセックスをしている人も油断できません。当然のことながら性感染症は最初のセックスでも、一度きりのセックスでも感染します。夫婦でしかセックスをしていなくても、パートナーが過去の恋人などから感染していたら、あなたにも感染する可能性があります。特別な人がかかる病気ではなく、誰にでも関係のある病気と言えるでしょう。
性感染症の症状は、性器周辺の痛みやかゆみ、下腹部痛など、病気や進行具合によってさまざまですが、実は「症状が出ない」、あるいは「出てもごく軽い」という場合もあります。その典型ともいえるのがクラミジアや淋病で、症状が出ないケースがほとんどを占めています。
無症状というのはとてもやっかいで、本人は気づかないままパートナーと性行為をして感染を拡大させてしまいます。また、症状がなくてもジワジワと進行し、膣だけでなく子宮、卵管、卵巣にまで広がって、不妊や子宮外妊娠を引き起こすことにもなりかねません。妊婦さんの場合は、流産や早産の原因になるばかりでなく、出産時に母子感染する危険もあります。
性感染症は何度でもかかる!パートナーと同時治療が鉄則
性感染症の多くは、飲み薬などで治すことができます。性感染症を疑うような兆候に気づいた時には、婦人科で検査を受けてください。
とくに妊娠を希望している女性は、妊娠前にパートナーとともに性感染症の検査を受けておくと安心です。妊娠前に感染していないことを確認し、さらに妊娠中のセックスは感染しないようにコンドームを使用するなど、注意が必要です。
検査で感染がわかったら、パートナーも検査や治療を受けることが大事。性感染症の多くは「一度かかれば免疫がついてかからなくなる」というものではなく、何度でも感染するため、自分だけ治療を受けて完治しても、していないパートナーと性行為をすれば、再び病気をもらってしまうことになります。こうした「ピンポン感染」を防ぐために、二人で検査を受けて、治療をする必要があるのです。男性は泌尿器科を受診するといいでしょう。
また、症状が改善すると勝手に通院をやめてしまう人がいますが、まだ病原体が残っていていることが少なくありません。医師から「完全に治った」とお墨付きをもらうまで、きちんと治療を続けましょう。
そして、しっかり治るまで性行為は控えてください。
コンドームは避妊具であり、「最強の性感染症予防ツール」
性感染症の予防で、「コンドーム」の使用が不可欠です。コンドーム=避妊具と考えがちですが、コンドームは、感染している人の精液や腟分泌液が、口や性器の粘膜に接触するのを防ぐ「バリア」の役割を果たしてくれます。オーラルセックスの時にも、コンドームを使って予防を。コンドームで防ぐことはできない性感染症もありますが、最も確実な対策と言えるでしょう。また、複数の相手との性行為を避けることも、効果的な予防策の一つです。
まとめ
性感染症は性行為がかかわる病気ということもあって、恥ずかしさから病院に行きづらいという人もたくさんいます。しかし性行為は人間が生きる上で大切なこと。ましてや性感染症は誰でもなり得る病気ですから、気軽に婦人科を受診してください。
また、性感染症の予防や治療では、お互いの理解と協力が欠かせません。日本人では女性から「コンドームを装着してほしい」「一緒に治療をしてほしい」と言いにくい社会的風潮がありますが、男女ともに性感染症の知識を身につけ、安心して性行為を楽しみましょう。
https://news.yahoo.co.jp/…/4a4d4f9c929b4794ea3ffb85be6d…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る