2021/04/04【新型コロナウイルス:COVID-19】八戸の保育施設でクラスター 職員、子ども計9人感染 青森県内4日、新規10人 /青森県

青森県は4日、新たに10人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県と八戸市によると、このうち同市の20~60代女性計6人は、1~2日に陽性が判明した同市の20代女性と40代女性が勤める市内の教育保育施設の職場関係者で、この施設でクラスター(感染者集団)が発生したと明らかにした。これまでに、職員を中心に約30人の検査が終了。利用している子どもらの検査結果は、今後判明するという。
県によると、3日に陽性が判明した青森市の10歳未満(性別非公表)も、同じ施設で感染した。クラスターの感染者は9人、関連を含め計10人。
市は、この施設の職員数は約30人で、約70人の子どもが利用している-とした。さらに、同施設が実施している学童保育の利用者が十数人いるという。同施設は2日から14日まで休止している。
市によると、同施設の職員は毎朝自宅で検温し、職場では常にマスクを着用。施設内は1時間に1回程度換気するなど、感染対策は行っていたという。県庁で取材に応じた県感染症対策コーディネーターの大西基喜医師は「小さい子どもや施設の密集度合いの関係もあり、感染対策を施していても完全な防御の難しさはある」と話した。
施設を利用している子どもら検査対象者は百数十人で、全員把握している。不特定多数との接触も明確にはみられないとして、施設名を公表していない。
八戸市庁で会見した小林眞市長は、クラスター発生について「感染経路など分からない点が多いが、学校や就学前施設は感染対策を徹底している。(保護者は)過度に心配せずに子どもを送り出してほしい」と市民に呼び掛けた。
青森市の社会福祉法人「ゆきわり会」の障害者施設のクラスターでは、新たに青森市の50代男性職員の感染を確認。クラスターの感染者は83人、関連含め計86人となった。
青森市の接待を伴う飲食店「I’ll(アイル)」で発生したクラスターでは、新規感染の発表がなかった。従業員の検査は、ほぼ終了したという。
4日の新規感染者の保健所別内訳は、八戸市6人、青森市、五所川原、上十三、三戸地方で各1人。感染確認の累計は1080人。
https://news.yahoo.co.jp/…/b3080cf399d1cb449b6faacd9282…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る