2021/03/30【新型コロナウイルス:COVID-19】抗体多くの人が保有せず 厚労省が調査結果公表

去年12月に、国が5つの都府県で実施した新型コロナウイルスの抗体保有率の調査結果が確定し、東京は1.35%、大阪、宮城、愛知、福岡はいずれも1%を下回りました。
新型コロナウイルスに感染すると「抗体」と呼ばれるたんぱく質が作られ、血液中に抗体があるかを検査することで、過去に感染していたかが分かります。
厚生労働省は、去年12月に東京都や大阪府など5つの都府県で20歳以上の男女合わせておよそ1万5000人に抗体検査を実施し、30日に確定値を公表しました。
それによりますと、抗体を保有していた人の割合は、
▽東京都が1.35%で、2月に公表された速報値を0.44ポイント上回ったほか、
▽愛知県が0.71%
▽大阪府が0.69%
▽福岡県が0.42%
▽宮城県は0.14%でした。
厚生労働省は「地域差があるものの、依然として多くの人が抗体を保有していないことが確認された。欧米に比べても低い水準で、引き続き基本的な感染対策の継続が推奨される」としています。
また同じ時期にPCR検査などで感染が確認されていた人の割合は、
▽東京都が0.32%
▽愛知県が0.15%
▽大阪府は0.26%
▽福岡県は0.12%
▽宮城県は0.06%でした。
抗体検査の結果との開きについて、厚生労働省は「単純な比較はできず、検査でも感染者の一定の把握はできていると認識している」としています。
https://www3.nhk.or.jp/…/20210330/k10012945351000.html…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る