2020/04/22【新型コロナウイルス:COVID-19】全国54施設783人が院内感染 日本看護協会が集計「防護具不足」改善訴え

新型コロナウイルスによる医療機関での集団感染が、全国19都道府県の54施設で発生し、感染者は783人に上るとの集計(20日現在)を日本看護協会が22日、発表した。東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見した福井トシ子・日本看護協会会長は「マスクやガウンなどの防護具の不足が続いているため、十分な感染防止策が取れない」として国に早急な対応を求めた。
消毒液も不足、家族への感染を恐れ車中泊の例も
調査は全国の医療機関のホームページとNHKの報道をもとに集計した。感染者数は医療従事者、患者の合計で、最も多いのは東京都の8施設計375人。次いで北海道の7施設95人▽兵庫県5施設55人▽福岡県3施設55人――となっている。
日本看護協会には、医療機関の現場から「防護服が足りず、75リットルのビニール袋を使用して対応に当たっている」「マスクを使用できるスタッフや使用枚数が限られている」などの状況が報告されている。訪問看護ステーションや介護施設でも個人防護具やアルコール消毒薬などが不足しているという。
また、「自らの感染、家族への感染が不安で精神的につらい」「妊娠中で家族からは『出勤するな』と言われるが、使命感と仲間をないがしろにできないという思いもあり、苦しい」といった看護師の声も寄せられている。家族への感染を恐れて車中泊をしたり、ホテルに宿泊したりする看護師もいるという。
このため、日本看護協会は新型コロナウイルス感染症の対応にあたる看護師がホテルなどを利用した際の費用負担補助や、希望した場合はPCR検査を公費で受けることができるように国に要望している。
最も切実な防護具の不足について福井会長は「見通しの立たない中で、現場がさまざまな工夫をしているが、やりきれない思いで今にも(気持ちが)切れそうだという状況。いつになったら何がどれぐらい供給されるのか、見通しを示していただきたい」と訴えた。
乗車・入店拒否、子どものいじめ、差別・偏見も報告
記者会見では医療従事者や家族への差別や偏見も報告された。新型コロナ患者を受け入れている医療機関の看護職の子どもが、保育園の登園自粛を求められた▽業務後、タクシーを利用しようとしたら看護職という理由で乗車を拒否された▽なじみの定食屋などで「看護職は来ないでほしい」と言われた▽子どもがいじめにあった――などの事例を挙げた福井会長はこう言って理解を求めた。
「私たちは『おつかれさま』『ありがとう』の一言で報われます。そんな当たり前のことができなくなっています。特別な配慮でなく、今までと同じように接してほしい。そして、何より国民のみなさんが感染しないで過ごしてほしい。最前線で対応している看護職への応援をお願いしたい」
この調査の後も、院内感染者の数は増えている。感染症指定医療機関の東京都立墨東病院(墨田区)では今月9日から21日までに医師や看護師ら25人、患者ら14人の計39人が感染。新型コロナの感染者は専用病棟で受け入れているが、一般病棟で感染が広がっているという。大阪府では、なみはやリハビリテーション病院(大阪市生野区)で発生した集団感染で21日までに看護師、患者ら計120人が感染している。
https://mainichi.jp/articles/20200422/k00/00m/040/227000c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る