2017/10/20【衛生管理】大阪市立大病院、84人に使い捨て医療機器を再使用 /大阪府

大阪市立大病院は20日、国の通知で再使用が禁じられている使い捨て用の医療機器を使用後に洗浄・滅菌処理し、少なくとも平成27年8月以降、計84人の患者に使っていたと発表した。同時期以前にも再使用を繰り返していたが、現時点で健康被害の報告はない。病院は「信頼を損ね深くおわびする。再発防止に取り組む」とした。
再使用された医療機器は、骨に穴を開ける「ドリルバー」(42種類)や骨を切断する「ブレード」(7種類)、脳動脈瘤(りゅう)の手術で血管を挟む「クリップ」(53種類)など。整形外科や形成外科、脳神経外科などで使用されていた。
手術では複数のサイズの刃を用意し、患者に合う機器を使うが、術後には全てを破棄する必要がある。だが同病院では、刃が1本あたり1~3万円と高額になることなどから、実際に患者に使ったものを含め、洗浄・滅菌処理をして再使用していた。
厚生労働省は16年以降、感染防止の観点から、使い捨ての医療機器を再使用しないよう各都道府県に複数回通知。同病院でも関係者に周知していたが、一部で通知前と同様の運用を継続していた。
兵庫医科大病院(兵庫県西宮市)で今年8月、機器の再使用問題が発覚し、大阪市立大病院が院内調査を開始。その後、同病院でも再使用が判明し、調査を進めていた。
http://www.iza.ne.jp/…/171020/evt17102016070026-n1.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る