【黄熱病】黄熱病感染者221人に=ワクチン接種拡大に動くサンパウロ州 /ブラジル

【黄熱病】黄熱病感染者221人に=ワクチン接種拡大に動くサンパウロ州 /ブラジル

ブラジル保健省は9日、黄熱病が疑われるケース1112件中、221人が黄熱病で、89人が黄熱病ではない事を確認、802人はまだ調査中である事を発表した。9日付現地サイトが報じた。

黄熱病感染が確認された221人の内、76人は既に死亡している。この76人以外にも、黄熱病が原因で死亡した疑いが持たれて検査中のケースが92ある。黄熱病が原因で死亡した疑いがあった死者の内3人は、検査の結果、黄熱病ではなかったことが判明している。

州別で見ると、黄熱病が流行状態となっているミナス・ジェライス州が、依然突出しており、感染者は死者67人を含む196人となった。エスピリトサント州では死者6人を含む21人、サンパウロ州では死者3人を含む4人の感染が確認されている。

黄熱病が疑われるケースは、トカンチンス州、バイーア州、リオ・グランデ・ド・ノルテ州でも報告されているが、9日の時点では、黄熱病への感染が確認された患者は出ていない。
一方、サンパウロ州政府は今年だけではなく、今後も起こりうる黄熱病の危機から長期計画で聖州民を守るべく対策を始めた。

サンパウロ州はカンピーナス市やサンパウロ市など、現在黄熱病の危険が叫ばれていない地域にも黄熱病ワクチン接種を段階的に進め、最終的には、子供も含めた州民全員への予防接種を徹底する意向だ。

サンパウロ州保健局疾病統制局コーディネーターのマルコス・ボウロ氏は、「現在の最優先課題は、ミナス州との州境近辺で、感染の危険がある地域の住民を守ることだ」と語った。
同氏は、今回の黄熱病の災禍は収束までに2カ月かかると見ている。

州保健局では、サンパウロ州の人口4300万人の内、2千万人が黄熱病の予防接種を受けていないと見ている。

《ブラジル》黄熱病感染者221人に=ワクチン接種拡大に動くサンパウロ州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  2. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  4. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  5. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る