【食品衛生】健康被害出るケースも 食品リコールは毎年多発

【食品衛生】健康被害出るケースも 食品リコールは毎年多発

メーカーが食品を自主回収する食品リコールは毎年、多数発生している。消費者が口にしても問題がないケースが大半を占めるが、健康被害が出る深刻な事例も起きている。

神奈川県平塚市の食品会社などが昨年、販売した冷凍メンチカツを食べた人が腸管出血性大腸菌O157に感染。自主回収を進めたが、健康被害は数十人に及んだ。

大手メーカーの製品でリコールが発生することも。マルハニチロは今年10月、輸入したムール貝の冷凍食品で、原材料表示などが一部不鮮明だったとして5800個を回収すると公表。伊藤ハムも同月、腐敗した商品が見つかったとして、総菜食品計3570パックの回収を発表した。

製品そのものに問題がなくても、表示の記載ミスがあれば対象となる。外食チェーン大手のリンガーハットは9月、持ち帰り用のチャーハンで、アレルギー物質の卵の記載が漏れるなどしたとして約3万個を回収するとした。

厚生労働省によると、米国や欧州連合(EU)では既にメーカー側がリコールを届け出る制度がある。

http://www.sankei.com/life/news/171106/lif1711060033-n1.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る