2017/08/04【豚インフルエンザ:H1N1】豚インフルと闘うミャンマー、感染者30名 死者6名に /ミャンマー

【豚インフルエンザ:H1N1】豚インフルと闘うミャンマー、感染者30名 死者6名に /ミャンマー

連邦議会で対策を議論

ミャンマー情報省によると、豚インフルエンザとして知られる新型インフルエンザA型H1N1の感染者は30名に達し、その内の6名が死亡したという。

同国の国会議員は連邦議会でA型H1N1インフルエンザ流行について議論し、政府に対して大々的な措置を講じるよう促した。

Kyaung Kone選挙区のThein Htun議員は7月27日、致命的なリスクを減らすために、H1N1インフルエンザの意識を高めるよう連邦議会に対して提起。

同氏によると、呼吸器系に影響を及ぼす病気のために治療を受けた人は、7月19日から27日で50人に上り、30人がA型H1N1インフルエンザであることが確認されているという。

A型H1N1は一般的なインフルエンザと症状が似ているため、多くの人が一般的なインフルエンザだと推測し、感染が広がっているとの懸念がある。

一方、A型H1N1インフルエンザに関する知識を共有するためのセミナーが、学校、病院、事務所、工場、バス停、鉄道駅、港湾、空港で開催される予定だ。

近隣インドでもA型H1N1インフルが流行

ミャンマー保健省ではA型H1N1はインフルエンザの予防と管理を実施しているが、27日午後2時から28日2時にかけて、同インフルエンザに感染した疑いがある患者が12名発見されたという。

一方、Matupi人民病院で治療を受けていた10名の感染者はすでに回復し、退院している。
懸念事項の1つは、近隣のインドでもA型H1N1インフルエンザが流行しており、7月17日までに12,460例、600名の死亡が報告されていることだ。

保健省は今後、世界保健機関(WHO)とインドから提供される医薬品等を使用していくという。
なお、連邦議会では、引き続き同インフルエンザに関して議論される予定である。

https://www.myanmar-news.asia/news_bNQm61mvDa.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る