2017/06/01【犬の新型インフルエンザ】犬の新型インフルエンザ 米国で感染拡大「感染源はドッグショー」 /アメリカ

【犬の新型インフルエンザ】犬の新型インフルエンザ 米国で感染拡大「感染源はドッグショー」 /アメリカ

あなたの飼い犬が咳やクシャミを始めたら、最初は風邪をひいたかな?と思うかもしれない。でも熱や鼻水を伴う症状が何日間も続いたら…一度、インフルエンザを疑ってほしい。

米フロリダ大学の動物病院は31日、フロリダ州内で飼われている12匹以上の犬から、インフルエンザAウイルスが検出されたと発表した。感染源は、健康な犬しか出場できないドッグショーの可能性が高いという。

検出されたAウイルスは「H3N2型」のインフルエンザウイルス。犬のインフルエンザとはあまり聞き馴染みがないが、2004年の「H3N8」に続いて、2007年に韓国で今回のウイルスが見つかった。

米疾病予防管理センター(CDC)によると、このウイルスは韓国や中国で感染が拡大し、2015年までに1000頭を超える犬が感染。その後、米中西部に飛び火してイリノイ州のシカゴやウィスコンシン州、オハイオ州などで6匹の死亡が確認されているが、ウイルス自体が新しいので、獣医によっては認知していない可能性も高く、潜在的な感染数はもっと多いかもしれない。

2015年の米国上陸から約2年ぶりに発生したフロリダ州のケースでは、大学によると、最近フロリダ州とジョージア州で開催されたドッグショーの会場にいた犬が感染源の可能性が高く、今後、拡大のおそれがあると懸念される。

これまで「H3N2型」がヒトに感染したケースは報告されていないが、ウイルスが突然変異する可能性はゼロではなく、また犬から猫にうつった例もあるという。

フロリダ大学によると、感染後しばらくは高熱が出て、食欲がなくなり、眠る時間が増えて、クシャミや咳、鼻水の症状が出るという。ほとんどの犬は2週間程度で回復するが、高齢だったり、呼吸器に持病があるなど、20%近くの犬が肺炎を併発しているので、気になる症状があれば、すぐに獣医にかかってほしいという。

http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20451.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る