2021/02/27【新型コロナウイルス:COVID-19】WHO事務局長、ワクチン知財権の一時停止呼びかけ

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は26日、新型コロナウイルスのワクチンに関わる知的財産権を一時停止すべきだと訴えた。後発メーカーによる開発・生産がしやすくなるなどとして新興国は実施を求めているが、日米欧などは開発意欲を損なうことにつながると反対している。
記者会見で「ワクチンの生産を増やすために、知財権の一時停止が考えられる。だが協力しないばかりか、抵抗する動きがある」と批判した。現状の接種は経済規模の大きい国に偏っており「平等に分配されない限り、新型コロナに打ち勝つことはできない」と呼びかけた。
新型コロナの知財権に関わる問題は来週、世界貿易機関(WTO)で取り上げられる見通しだ。インドと南アフリカが2020年10月にWTOに提案したが、先進国を中心とした反対で結論は出ていない。3月1日付でWTOの新事務局長に就任するヌゴジ・オコンジョイウェアラ氏が取り組むべき課題の一つになる。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR2701N0X20C21A2000000/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る