2021/01/01【新型コロナウイルス:COVID-19】WHOが新型コロナワクチン初承認、ファイザー製 途上国で接種進むか

WHO(世界保健機関)は先月31日、新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を初めて承認しました。途上国での普及が期待されます。
WHOによりますと、緊急使用が承認されたのは、アメリカの製薬大手ファイザーとドイツのビオンテックが共同開発したワクチンです。通常、ワクチンの承認は各国が行いますが、審査体制の整っていない途上国などではWHOの判断を参考にすることが多く、この承認により、世界各国で接種が進むことが期待されます。
シマオ事務局長補は、「素晴らしい一歩だ」とした一方、「すべての国が必要とするワクチンを確保することが重要だ」として、イギリスやアメリカなどですでに始まっている接種について、ワクチンが幅広く行き渡るよう各国に協力を求めました。
ファイザーなどのワクチンは低温で保存する必要があり、十分な冷却設備のない途上国などでの供給には課題もありますが、WHOは供給計画や準備について、各国を支援する考えも示しています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4164238.htm…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る