2021/01/24【新型コロナウイルス:COVID-19】湯沢など年末年始スキー客減少 /新潟県

新潟県内スキー場の年末年始(12月29日~1月3日)の利用客数がまとまった。首都圏からの客が多い湯沢町や妙高市は、新型コロナウイルスの感染拡大と政府の観光支援事業「Go To トラベル」の一時停止の影響で前年から激減した。
湯沢町では全11スキー場が営業したが、利用客数は9万2820人で前年同期比45・8%減少した。町観光協会は「首都圏の客が7割以上を占め、『Go To』の一時停止が大きかった。昨年12月の関越道立ち往生や年末寒波も、出控えにつながったのではないか」と推測する。
8スキー場が営業した妙高市は4万1320人で、同比約35%の減。妙高市も「Go To」の影響を指摘した上で、「不要不急の外出を自粛するムードの中、来てくれとは言えなかった」と苦境を明かす。
南魚沼市は前年、記録的な暖冬少雪のため6カ所の営業にとどまったが、今年は9カ所が営業した。利用客数は6万440人で同比33・1%の増加。ただ、2年前との比較では43・7%減となった。市商工観光課は「首都圏などへの発信が難しかったことが影響した」とみている。
5スキー場がある魚沼市は、12月の集計で前年同月比で半減した。大雪のため奥只見シルバーラインが閉鎖され、奥只見丸山スキー場の客が減少した。1スキー場が営業した上越市も「大雪でスキー場へのアクセスが悪く、敬遠されたのではないか」とした。
新発田市のニノックススノーパークは例年並みの約5700人。地元や新潟市など近隣からの利用が多く、新型ウイルスの影響が少なかった。担当者は「ウイルス禍の中、予想より多かった印象だ」と話した。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-9-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る