【新型コロナウイルス:COVID-19】放課後児童会でクラスター発生 児童と職員10人感染 静岡・浜松市 /静岡県

浜松市は11日、市内の放課後児童会でクラスターが発生したと発表しました。午後3時半から会見を開き、詳細を説明しています。
市は「個人が特定され、児童・職員・家族・地域への影響が危惧されることから、放課後児童会の所在地・名称は公表しない」としています。
この放課後児童会は、市立小学校の校舎の中に専用の部屋があり、職員(支援員・補助員)5人、児童42人が在籍しています。(児童は1年生15人、2年生19人、3年生8人)
<感染状況>
3月5日に職員1人の陽性が判明し、7日に職員2人目が、8日に職員3人目が陽性と判明しました。
そして9日、休会中の児童を除く41人がPCR検査を受けた結果、児童7人(1年生3人、2年生4人)の陽性が判明したということです。
児童7人のうち4人が無症状、3人が軽症(発熱・頭痛・咽頭痛など)です。
<対応>
この放課後児童会は8日から当分の間、休会中としていて、9日に消毒作業を実施しました。今後の再開については、検査の結果を踏まえ判断することにしています。
また市は、このクラスターの発生を受け、設置されている小学校を11日と12日臨時休校としました。そして、検査を受けていない在籍児童(1年生~2年生)66人のPCR検査を実施する予定です。学校の再開については、検査の結果や校内消毒の状況を踏まえて14日に判断するということです。
感染経路について市は「放課後児童会に感染対策マニュアルを配布している。子供たちも検温、手洗い、うがいをしてから入室、子供たちが触る部分の消毒も毎日していたと聞いている。おやつを食べる際も、一方を向いて、黙って食べるよう指導していた。職員の感染が先なのか、無症状の児童がいたのかは分からない。このため、感染経路は不明」としています。
放課後児童会は公設民営で、月曜日から金曜日の午後、子供たちが宿題をしたり、外で遊んだり、おやつを食べたりして過ごしています。
浜松市内には142カ所設置されていて、今回クラスターが発生した放課後児童会は、育成会が運営していました。
https://www.sut-tv.com/news/indiv/9195/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る