2021/02/13【新型コロナウイルス:COVID-19】コロナ感染者、発症から3~6か月は抗体維持…東大研究チーム

新型コロナウイルスに感染した人は、ウイルスを攻撃する抗体が発症後3~6か月維持されていると、東京大医科学研究所の河岡義裕教授(ウイルス学)らの研究チームが発表した。論文が国際臨床医学誌(電子版)に掲載された。
新型コロナ感染後に抗体が維持できる期間は、ワクチンの長期効果や再感染の有無、集団免疫ができるかなどに関わるため、世界的に関心が集まっている。
チームは、軽症、中等症、重症の感染者計39人の血液を継続的に調べた。その結果、平均して発症後20日目頃に抗体の量がピークに達し、その後は減少傾向を示した。軽症者は重症者に比べて抗体の量が少ない傾向があったが、発症後2か月以降は差が小さくなったという。
河岡教授は「どのくらいの抗体があれば、感染を防御できるかは注視する必要がある」と話している。
長崎大の安田二朗教授(ウイルス学)の話「時系列を追って詳細に抗体量などのデータを収集するのは重要で、今後の対策にも生かされる」
https://news.yahoo.co.jp/…/de294caa1aa9405994866d056d4e…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  4. 2022-9-1

    感染対策シニアアドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザーを2022年版に改訂しました! 感染対策の最前線で働く職員の…
  5. 2022-9-1

    感染対策アドバイザー2022年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザーを2022年版に改訂しました! 一般企業の職員でも基礎から学べ、実…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る