【新型コロナウイルス:COVID-19】アストラゼネカのワクチン 欧州で見合わせの動き

アストラゼネカなどが開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、北欧のデンマークは、接種後に血栓が確認されたという複数の報告があったとして、ワクチンとの関係はわからないものの、接種を一時見合わせ、調査を行うと発表しました。アストラゼネカは、ワクチンの安全性は臨床試験でも広く検証されているなどとコメントしています。
デンマークの保健省は11日、アストラゼネカなどが開発したワクチンについて、接種後に血栓が確認されたという複数の報告があり、2週間接種を見合わせて調査を行うと発表しました。
報告には死亡したケースが1件含まれるということですが、ワクチン接種との関係はわからないとしています。
これを受けて北欧のノルウェーは、デンマークの調査の結果が明らかになるまで接種を見合わせるとしています。
アストラゼネカは「ワクチンの安全性は臨床試験でも広く検証されている」などとコメントしています。
一方、EU=ヨーロッパ連合の医薬品規制当局は11日、EUとその周辺国でアストラゼネカのワクチンを接種したおよそ500万人のうち、接種後に血栓症のような事例として30件の報告があったと明らかにしました。
そして、いずれの事例もワクチンの接種との関係はわかっておらず、調査を進めているとしたうえで「現時点ではワクチンを接種して得られる効果のほうが、接種しないリスクを上回る」と強調しました。
このほかヨーロッパでは、オーストリアやイタリアなどで、特定の時期に製造されたアストラゼネカのワクチンについて、接種後に深刻な健康への影響が報告されたとして、接種を一時見合わせる動きが出ています。
加藤官房長官「現在の承認審査で安全性など確認」
加藤官房長官は閣議後の記者会見で「デンマークなどで接種後に血栓ができる事例が報告されたことを受けて接種が一時中止されていることは報道で承知している。EUの医薬品規制当局のEMA=ヨーロッパ医薬品庁は、現時点で血栓症とワクチンとの関連性を示す証拠は見当たらないとする声明を発表していると承知している」と述べました。
そのうえで「わが国においてアストラゼネカ社のワクチンについては先月5日に特例承認を求める申請がなされ、今月中には国内治験データを含め主要データが提出される予定で、現在まさに承認審査が行われているところだ。提出されたデータと最新の科学的知見に基づき有効性や安全性などがしっかり確認されていくものと承知している」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/…/20210312/k10012910961000.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2021-4-1

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  4. 2021-4-1

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  5. 2021-6-1

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます(2021年改訂版がリリース開始)

    感染対策アドバイザー(2021)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る