【敗血症】敗血症どんな病気? 致死率高い高齢者は特に注意

【敗血症】敗血症どんな病気? 致死率高い高齢者は特に注意

著名人の死亡記事などで時々見る死因「敗血症」。朝日新聞社のデータベースで、2007~16年度の間に出た「敗血症 死去」という言葉を含む記事を検索すると、242件がヒットしました。16年も、ボクシング・ヘビー級のモハメド・アリさんらが亡くなっています。

敗血症の原因は、皮膚や肺、腸など、体の一部で病原体が繁殖する感染症です。多くは、薬や人が持つ生体防御機能で徐々によくなります。例えば、発熱で病原体の増殖を抑えたり、免疫で病原体を攻撃したりします。

ところが、この機能が壊れて、さまざまな組織や臓器が本来の働きを失い、命が脅かされるような状態になる場合があります。これが敗血症です。ショック症状や、多くの臓器が障害される「多臓器不全」を起こすこともあります。

世界中で、年間の発症者は2千万人とも3千万人とも言われ、年間約1千万人が亡くなっているとされています。発症すると、死亡率は先進国でも約30%です。厚生労働省によれば、15年度の国内での敗血症による死者は約1万1千人ですが、肺炎やがんなどから敗血症になる人も多く、日本集中治療医学会は年間約10万人が敗血症で死亡しているとみています。

感染の背景として、発展途上国では、不衛生な環境や栄養不足、治療の遅れが主な原因とされています。一方、これらの問題が比較的少ない先進国では、免疫機能が低下する、高齢者の敗血症が心配されています。

免疫の中には、様々な異物をやっつけてくれる迅速な対応が得意な「先発部隊」と、異物を見極めて、ピンポイントで狙い撃ちする「主力部隊」がいます。高齢者の場合、免疫全体の戦力が若い頃より弱っている上に、部隊の混成も、先発部隊に偏っており、感染症にうまく対応しにくい状態になっています。

http://www.asahi.com/articles/ASK5D4JXWK5DUBQU00D.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  2. 2020-6-1

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  3. 2020-7-10

    感染対策アドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策アドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 一般企業の職員でも基…
  4. 2020-10-1

    感染対策シニアアドバイザー2020年改訂版のお知らせ

    感染対策シニアアドバイザー(2020年改訂版)の資格検定講座を開始しました! 感染対策の最前…
  5. 2021-1-2

    たった1日で感染症対策に必要な知識を習得できます

    感染対策アドバイザー(2020)資格検定講座を活用して、長期的な感染対策にお役立てください! …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る