感染症.comが選ばれる理由とは?

会員特典

  • 育てる:人材育成・教育部門
  • 評価する:各種検査・認定・検定部門
  • 設計する:設計・作成部門
  • 備える:補償部門
  • 救済する:集団感染・緊急対応部門
  • 活用する:衛生用品部門
  • 相談する:相談部門
  • 調べる情報部門

広告募集中

活用する 衛生用品部門

こんなことありませんか?

  • 清潔な環境を作りたい・・・
  • 清掃用具を適切に管理したい・・・
  • 洗剤や洗浄剤を適切に使用したい・・・
  • 洗剤や洗浄剤のコストを抑えたい・・・
  • 消毒・滅菌を適切に行いたい・・・
  • 最適な除菌剤・消毒剤を選びたい・・・
  • 施設や事業所内を抗菌・抗ウイルスコートをしたい・・・

などなど

感染症.comでは、衛生用品の指導も行っております。感染症対策は、知識だけでは対策が完了しません。感染源となる病原微生物(ウイルス、細菌、真菌など)を排除しなければならないからです。

感染源の排除として有効な手段は、熱と薬液によるものです。また、適切な消毒・滅菌を行うためには、事前に適切な清掃・洗浄を行う必要があります。手を消毒する際に、アルコールスプレーで手を洗わないですよね?先に石鹸で消毒の妨げとなる汚れと油分を落としてから消毒するように、床やドアノブなどの設備や備品も同じことが言えるからです。

そのためには、適切な知識とお客様の目的にあった薬剤選び、コストの抑え方などが重要です。

洗剤・洗浄剤について

洗剤・洗浄剤は、主に界面活性剤の種類とpH値、添加物によって用途が異なります。その目的は、効率よく汚れを除去するためで、汚れの主成分は油分になります。

ご家庭でも日常的に使用するものですが、使用方法について研修や適切なアドバイスを受けたことがある方は非常に少ないです。洗剤・洗浄剤のことを知ることは、効率の向上やコストを抑えることにつながり、その先にある除菌・消毒・滅菌を適切に行うことが出来ます。

pH 属性 特徴 用途
1~3 酸性 炭酸カルシウム、酵素を溶かす
塩素系洗剤と混ざると塩素ガスが発生
※人間の胃酸はpH1.5~2.0
トイレの便器(尿石)
3~6 弱酸性 殺菌効果あり
※人間の肌はpH4.5~6.0
ボディーソープ
石鹸
洗顔料
6~8 中性 界面活性剤の力で汚れを落とす
手肌や材質を痛めにくい
※人間の血液はpH7.4
住まいの清掃全般
洗濯
洗車
金属
貴金属・眼鏡
石材
8~11 弱アルカリ性 一般的な生活洗剤
除菌効果あり
※人間の汗はpH7~8
住まいの清掃全般
洗濯
台所全般
食器洗い
シンク
ガスコンロ
換気扇
11~13 アルカリ性 油脂やタンパク質を溶かす お風呂のカビ

除菌剤・消毒剤・滅菌剤について

除菌剤・消毒剤・滅菌剤の目的はターゲットとなる病原微生物(ウイルス、細菌)を死滅させることです。様々な種類に分かれているのは、ターゲットとなる病原微生物(ウイルス、細菌)によって効果が変わります。また、人体や設備、材質などによっても変わります。

除菌剤・消毒剤・滅菌剤のことを知ることは、効率の向上やコストを抑えることにつながり、除菌・消毒・滅菌を適切に行うことが出来ます。

ちなみに「除菌」「消毒」「滅菌」では言葉の意味が異なります。

代表的な消毒・滅菌マップ

抗菌・抗ウイルスコーティングについて

抗菌・抗ウイルスコーティングの目的は、24時間体制で接触感染の感染経路を遮断することです。例えばスイッチ類やドアノブですが、インフルエンザウイルスで汚染された手で触れると汚染され、感染源となり、次の人が触れるとその手が汚染され、その手で目や鼻をこすると接触感染へとつながります。

また近年、ノロウイルスの空気感染が問題視されています。これは、ノロウイルスを含んだ嘔吐や便で汚染された箇所の消毒不足により、汚染箇所が乾燥して埃と一緒に空気中に舞い上がることで吸い込む、もしくは食品に混入されて感染へとつながります。そのため、床を抗ウイルスコートにしておくことは、ノロウイルスの空気感染を遮断することへつながります。

感染症.comでは、消防で導入され、救急車の車内と同じ環境を作るコーティング製品を格安でご紹介しております。皆さんの社内、施設、事業所内を救急車と同じ環境にしてみませんか?

広告募集中

検便-最安

  • 各種コンサルタントの皆様へ
  • メディア・報道機関の皆様へ
  • パートナー企業募集
  • 検査見積り仮申し込み

Facebookページ

感染症.comが選ばれる理由とは?

会員特典

  • 育てる:人材育成・教育部門
  • 評価する:各種検査・認定・検定部門
  • 設計する:設計・作成部門
  • 備える:補償部門
  • 救済する:集団感染・緊急対応部門
  • 活用する:衛生用品部門
  • 相談する:相談部門
  • 調べる情報部門

広告募集中