感染症.comが選ばれる理由とは?

会員特典

検便-最安

  • 育てる:人材育成・教育部門
  • 評価する:各種検査・認定・検定部門
  • 設計する:設計・作成部門
  • 備える:補償部門
  • 救済する:集団感染・緊急対応部門
  • 活用する:衛生用品部門
  • 相談する:相談部門
  • 調べる情報部門
  • 各種コンサルタントの皆様へ
  • メディア・報道機関の皆様へ
  • パートナー企業募集
  • 海外感染症情報
  • 検査見積り仮申し込み

海外感染症情報

海外渡航においては、日本では存在しない危険な感染症が流行している場合があります。渡航前や渡航後には特に注意したいのが、感染症です。

帰国後の健康について

海外旅行から帰ってきて、何らかの体調不良を訴える方は、実に全旅行者の数十パーセントに及ぶと言われています。中でも下痢などの胃腸症状、皮膚の異常、咳、そして発熱がよくみられる症状です。自然に回復することも多いのですが、特殊な感染症による体調不良で、感染症に対して治療が必要な場合もあります。

帰国後6ヵ月間は感染症を発症する可能性

海外旅行、特に発展途上国を旅行した後、少なくとも6か月の間は、旅行関連の感染症が生じる可能性があることを覚えておきましょう。医療機関にかかる際には、必ず海外旅行したことを告げてください。デング熱やリケッチア感染症による症状は、ほぼ帰国後3週間以内にみられますが、マラリアなどの寄生虫による感染症や、一部の細菌による感染症の症状は、数週間から数か月あるいは数年たってから生じることもあります。

発熱はマラリアやデング熱の可能性もある

帰国した旅行者にみられる発熱の場合、重大な感染症から生じている可能性があります。特に、マラリアやデング熱の流行地域から帰国し発熱がみられる場合には、必ず医療機関にかかってください。マラリア、中でも熱帯熱マラリアは急速に悪化することがあります。

止まらない下痢は寄生虫の可能性もある

帰国してからも下痢の症状がおさまらない場合には、ジアルジア症(ランブル鞭毛虫症)やアメーバ赤痢といった寄生虫による感染症も考えられます。放置すると内臓に問題を起こす場合もありますので、原因をしっかりと調べてもらうことが重要です。

かゆみや発疹を伴う感染症も多い

皮膚の異常も旅行後によくみられる症状です。発熱も同時にみられる場合、全身の感染症をともなっていることが多く、速やかに医療機関を受診する必要があります。

医療機関の受診前に情報の整理

海外旅行後の体調不良には、思わぬ感染症が潜んでいる可能性があります。早めに医療機関を受診しましょう。医療機関の受診にあたっては、症状に加えて次の情報を整理しておき、医師に伝えましょう。

旅行先、旅行期間、旅行の目的、旅行中の行動、宿泊先の状況(虫除け対策ができていたか)、旅行前の予防接種

海外で感染症にかからないための基本

日本の衛生環境は世界トップクラスです。日本と同じ感覚で水を飲むことや食事をするのは大変危険です。

1)水・水分

水道水が飲料に適している国は極少数です。未開封のペットボトルを購入しましょう。また、国によっては未開封のペットボトルであっても、ボトルの中に不純物が無いか確認しましょう。
グラスに氷などが入っている場合も注意が必要です。水は衛生的なものであっても、氷は生水などの不衛生な水を使用している場合があります。

2)食事・食品

海外で生卵、生魚(刺身)、生肉などを食べるのは大変危険です。生野菜については、レストランの衛生状況によります。屋台などで食品を購入する場合は、ハエなどがたかっているものは避けましょう。アジアやアフリカで生肉を買って調理する場合は、肉を流水でよく表面を洗い流しましょう。東南~南アジアでは肉洗いが常識の地域が存在します。

3)動物・虫

海外ではほとんどの国で狂犬病の危険がありますので、野良犬などには近づいたりしないようにしましょう。また、蚊によって媒介するデング熱、ウエストナイル脳炎、マラリア、ジカ熱など日本では存在しない危険な病原体を持った蚊が存在しますので、虫よけなどの準備をしておきましょう。

地域ごとの注意すべき感染症

地域 対象国 感染症
東アジア 韓国
中国
台湾
香港
モンゴル
など
サルモネラ
腸炎ビブリオ
病原性大腸菌
A型肝炎・E型肝炎
肺吸虫・肝吸虫などの寄生虫症
コレラ
赤痢
腸チフス
マラリア
ペスト
ツツガムシ症
リーシュマニア症
腎症候性出血熱
ウイルス性出血熱
日本脳炎
デング熱
B型肝炎
住血吸虫症
流行性髄膜炎
トラコーマ
レプトスピラ症
など
東南アジア フィリピン
マレーシア
タイ
インドネシア
シンガポール
ベトナム
ミャンマー
カンボジア
ラオス
ブルネイ
など
サルモネラ
腸炎ビブリオ
病原性大腸菌
プレシオモナス
細菌性・アメーバ赤痢
コレラ
ジアルジア症・回虫症などの寄生虫疾患
A型肝炎・E型肝炎
腸チフス
マラリア
日本脳炎
デング熱・デング出血熱
ペスト
フィラリア症
B型肝炎
エイズ
住血吸虫症
トラコーマ
狂犬病
破傷風
結核
など
南アジア インド
ネパール
パキスタン
バングラデシュ
スリランカ
モルジブ
など
サルモネラ
腸炎ビブリオ
細菌性・アメーバ赤痢
コレラ
ジアルジア症・回虫症などの寄生虫疾患
A型肝炎
E型肝炎
腸チフス
マラリア
フィラリア症
リーシュマニア症
デング熱
日本脳炎
フレボトームス熱
ペスト
発疹チフス
クリミア・コンゴ熱
ダニによる出血熱
B型肝炎
流行性髄膜炎
ポリオ
トラコーマ
狂犬病
結核
破傷風
など
太平洋地域 フィジー
ミクロネシア
タヒチ
パプアニューギニア
西サモア
パラオ
キリギス
ソロモン
バヌアツ
ハワイ
グアム
など
サルモネラ
腸炎ビブリオ
セレウス
ウェルシュ
赤痢
ジアルジア症
腸チフス・パラチフス
A型肝炎
マラリア
フィラリア
ツツガムシ症
デング熱
B型肝炎
トラコーマ
など
中近東 トルコ
サウジアラビア
アラブ首長国連邦
バーレーン
ヨルダン
シリア
オマーン
イエメン
など
サルモネラ
プレシオモナス
腸チフス
A型肝炎
消化官寄生虫症
ブルセラ症(マルタ熱)
エキノコックス症
マラリア
リーシュマニア症
ツツガムシ症(ダニチフス)
B型肝炎
住血吸虫症
狂犬病
トラコーマ
など
アフリカ北部 アルジェリア
エジプト
リビア
モロッコ
チュニジア
など
サルモネラ
腸炎ビブリオ
病原性大腸菌
プレシオモナス
細菌性・アメーバ性の赤痢
コレラ
ジアルジア症・回虫症などの寄生虫疾患
A型肝炎・E型肝炎
腸チフス
マラリア
フィラリア症
リーシュマニア症
回帰熱
リフトバレー熱
フレボトームス熱
発疹チフス
ウエストナイル脳炎
B型肝炎
エイズ
住血吸虫症
トラコーマ
狂犬病
破傷風
結核
など
アフリカ南部 ボツワナ
レソト
ナミビア
セントヘレナ
南アフリカ
スワジランド
など
サルモネラ
腸炎ビブリオ
病原性大腸菌
プレシオモナス
細菌性・アメーバ性の赤痢
A型肝炎
腸チフス
マラリア
セントヘレナ
クリミア・コンゴ出血熱
ペスト
回帰熱
リフトバレー熱
ダニ熱
発疹チフス
トリパノソーマ症
B型肝炎
エイズ
住血吸虫症
狂犬病
破傷風
結核
など
東ヨーロッパ ロシア
ウクライナ
ポーランド
ルーマニア
など
サルモネラ
カンピロバクター
肝炎
ダニ媒介性脳炎
破傷風
結核
腸チフス
狂犬病
ジフテリア
細菌性赤痢
ライム病
寄生虫疾患(条虫・回虫)
など
西ヨーロッパ イタリア
イギリス
フランス
ドイツ
オーストリア
など
サルモネラ
腸炎ビブリオ
セレウス
ウェルシュ
狂犬病
マルタ熱(地中海熱)
流行性髄膜炎
リステリア症
ダニ媒介性脳炎
ライム病
破傷風
Q熱
フレボトームス熱
レジオネラ症
など
北アメリカ アメリカ
カナダ
サルモネラ
腸炎ビブリオ
セレウス
ウェルシュ
エイズ
ペスト
狂犬病
破傷風
リステリア症
エキノコックス症
ウラストミセス症
ライム病
フレボトームス熱
Q熱
セントルイス脳炎
ロッキー山紅斑熱
ウエストナイル脳炎
ハンタ肺症候群
など
中央アメリカ メキシコ
グアテマラ
コスタリカ
グレナダ
パナマ
ホンジュラス
セントルシア
ドミニカ共和国
トリニダード・トバゴ
などカリブ海諸国
コレラ
ジアルジア症
A型肝炎・E型肝炎
赤痢
腸チフス
サルモネラ
腸炎ビブリオ
病原性大腸菌
ブルセラ症
マラリア
ベネズエラ馬脳炎
デング熱
ウエストナイル熱
リーシュマニア症
オンコセルカ症
エイズ
住血吸虫症
狂犬病
ハンタ肺症候群
など

特に注意すべき感染症

感染症 流行地域
A型肝炎 途上国
赤痢 途上国
狂犬病 日本以外のほぼ全世界
特にアジア、アフリカ、中央~南アメリカ
中東呼吸器症候群
(MERS)
中近東諸国
韓国
エイズ
(AIDS、HIV)
東南~中央アジア
アフリカ
東ヨーロッパ
エボラ出血熱 西アフリカ、
コレラ アフリカ
アジア
中央~南アメリカ
ジカ熱 中央~南アメリカ
東南アジア
太平洋諸島
チクングニア熱 東南~南アジア
アフリカ
中央アメリカ
太平洋諸島
デング熱 東南~南アジア
アフリカ
中央~南アメリカ
太平洋諸島
ペスト 東南~南アジア
アフリカ
中央~南アメリカ
太平洋諸島
マラリア アフリカ
東南~南アジア
中央~南アメリカ
黄熱 中央アフリカ

感染症ガイド

食中毒対策の3原則

感染のメカニズムについて

感染経路について

病原微生物について

感染症の種類

感染症法について

B型肝炎訴訟

Facebookページ