感染症.comが選ばれる理由とは?

会員特典

検便-最安

  • 育てる:人材育成・教育部門
  • 評価する:各種検査・認定・検定部門
  • 設計する:設計・作成部門
  • 備える:補償部門
  • 救済する:集団感染・緊急対応部門
  • 活用する:衛生用品部門
  • 相談する:相談部門
  • 調べる情報部門
  • 各種コンサルタントの皆様へ
  • メディア・報道機関の皆様へ
  • パートナー企業募集
  • 海外感染症情報
  • 検査見積り仮申し込み

衛生管理方法・対策のありがちな罠⑨ ごみ袋の運び方を意識していますか?

投稿日:2017年05月10日 tags: , , , , , |カテゴリー:感染対策BLOG

こんにちは、感染症対策コンサルタントの向田です。

本日は、よくある衛生管理のありがちな罠の続編について対策や方法などを解説します。

 

本日はごみ袋の運び方についてです。

 

皆さんは、ごみ袋の運び方を意識していますか?

嘔吐物処理訓練を行った際に、この質問をおこないます。

 

皆さんはどうですか?意識をしたことはありますか?

 

前回までのブログ記事に、ユニフォームが汚染されてしまうリスクについて触れてきましたね。

今回も同様です。

いかに運ぶ際にユニフォームを汚染しないようにするか?が意識するポイントです。合わせて運ぶルートや運ぶ際に壁や床を汚染しないようにすることも意識をするポイントです。

 

ポイント

1)ユニフォームの汚染

2)運ぶルート

3)壁や床の汚染

を意識して運びます。

 

ごみ袋の内側は当然汚染されていますが、外側も汚染されている場合があります。ですので、運ぶ際には縛り口をつかみ手を体から離して、ユニフォームのズボンがごみ袋に擦れないよう注意しましょう。また、ごみ袋が重たく難しい場合は新たな袋で覆うか、台車なども検討すべきですね。

 

運ぶルートですが、食堂や喫食スペースなど汚染物を運ぶにふさわしくない場所は避けるべきです。構造上、どうしても厨房や喫食スペースを通り抜ける場合は、注意して運んでください。

 

気になった方は感染症.comまでお問い合わせください。

B型肝炎訴訟

Facebookページ