感染症.comが選ばれる理由とは?

会員特典

検便-最安

  • 育てる:人材育成・教育部門
  • 評価する:各種検査・認定・検定部門
  • 設計する:設計・作成部門
  • 備える:補償部門
  • 救済する:集団感染・緊急対応部門
  • 活用する:衛生用品部門
  • 相談する:相談部門
  • 調べる情報部門
  • 各種コンサルタントの皆様へ
  • メディア・報道機関の皆様へ
  • パートナー企業募集
  • 海外感染症情報
  • 検査見積り仮申し込み

衛生管理対策・方法のありがちな罠⑥ 掃除用具はどこに保管していますか?

投稿日:2017年05月07日 tags: , , , , |カテゴリー:感染対策BLOG

こんにちは、感染症対策コンサルタントの向田です。

 

本日は、よくある衛生管理のありがちな罠の続編について対策や方法などを解説します。

 

本日は掃除用具の保管場所についてです。

 

左の写真は、学校などでも見たことがある掃除用具の収納ロッカーです。

このような収納ロッカーを使用している施設やお店も多く見かけますが、この収納ロッカーを使用する際に、気を付けなければならないポイントがあります。

 

さて、どのような事でしょうか?

 

この収納ロッカーは、上部と下部に通気口がありますが、扉を閉じてしまうと、そこまで通気性が良いとは言えません。この写真のもにかぎらず基本的に収納ロッカーは通気性は良いとは言えません。

 

つまり、「水分を含んだものを収納してはいけない」ということです。

通気性の悪い場所に水分の含んだ雑巾を保管したらどうでしょうか?収納ロッカーの中で湿気がこもり、カビが発生する基となります。

カビや雑菌まみれのモップや雑巾で掃除をすれば、何をしているのかわかりませんね。

 

ですので、このような収納ロッカーには、乾燥している用具を収納するべきなのです。

ほうき、チリトリ、モップの柄などが良いでしょう。また、用具は吊るして保管するとホウキなどの毛先が変形せずに長く使用することが見込めます。

水分の含んだ用具は、よく乾燥させてから収納するか、通気性の高い場所で保管をすると良いでしょう。

 

とくにこれから気温も高くなり、梅雨により湿度も高まりますので、注意が必要ですので、気になった方は感染症.comまでお問い合わせください。

B型肝炎訴訟

Facebookページ