【RSウイルス】冬に流行のRSウイルスが早くも猛威 幼児が肺炎に、年間約30人が死亡

【RSウイルス】冬に流行のRSウイルスが早くも猛威 幼児が肺炎に、年間約30人が死亡

乳幼児に肺炎を引き起こす「RSウイルス感染症」の患者が急増し、2017年8月6日までの1週間の患者数が昨年同時期の約5倍となっていることが国立感染症研究所の調べで分かった。

RSウイルス感染症は秋から冬に患者が増えるが、近年、流行が前倒しになる傾向にある。今年はすでに流行期に入ったとみられ、同研究所では注意を呼びかけている。

ワクチンはなく、予防には手洗いとマスク

2017年8月15日の同研究所の発表によると、全国約3000の小児科医院からの報告では、今年の第31週(7月31日?8月6日)の患者数は4934人で、昨年同時期の1082人を大幅に上回った。都道府県別では、東京(583人)、神奈川(519人)、大阪(400人)、福岡(374人)と大都市圏で多い。ほかに北海道(245人)、福島(189人)、鹿児島(163人)、新潟(152人)、愛媛(120人)、岩手(100人)などで目立った。

RSウイルス感染症は、発熱や鼻水など風邪のような症状が出る呼吸器感染症だ。通常は軽症ですむが、重症になると激しいせきが出て、肺炎や気管支炎引き起こす。

1歳未満の幼児や高齢者がかかりやすい。心臓疾患などがある子どもが合併症を起こすと死亡する例もあり、RSウイルス感染症が原因で年間30人前後が死亡していると推定される。

ワクチンはなく、接触や飛沫(ひまつ)感染でうつる。同研究所では「予防には、マスクやうがい、手洗いをしっかりすることが大切」と呼びかけている。

https://www.j-cast.com/healthcare/2017/08/17306036.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る