【O121】米国のO121大腸菌感染の原因は小麦粉だった CDCが全米の患者を調査して原因を特定 /アメリカ

【O121】米国のO121大腸菌感染の原因は小麦粉だった CDCが全米の患者を調査して原因を特定 /アメリカ

米国Centers for Disease Control and Prevention(CDC)のSamuel J. Crowe氏らのチームは、2015年12月21日~2016年9月5日に米国の24州で発生した56件の志賀毒素産生性大腸菌(STEC)感染症の調査を進め、O121とO26のアウトブレイクの原因は、米国のメーカーが市販した小麦粉だったと報告した。

詳細はNEJM誌2017年11月23日後に掲載された。

http://medical.nikkeibp.co.jp/…/hot…/nejm/201712/553994.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る