【HIV】HIV感染原因2位は注射器回し打ち 注意呼びかけ

【HIV】HIV感染原因2位は注射器回し打ち 注意呼びかけ

日本第2戦(24日、対セネガル)の開催地エカテリンブルクでは2年前、市民のエイズウイルス(HIV)感染者が急増し、保健当局が大流行宣言を出す事態となった。人口約150万人(当時)に対し、1・8%にあたる約2万7000人が感染。市民らに話を聞くと、街は当時大パニックに陥ったという。その後、流行は収まり、現在は落ち着きを取り戻したというが、夜の街で働く人たちは、多くの外国人が集まるワールドカップ(W杯)が始まり、危機感を募らせていた。

HIV感染の原因で2番目に多い(45・3%)のが、薬物依存者による注射器の回し打ちだった。街には専門の医療機関も多く、市中心部の薬物依存患者が集まる病院の医師のジコフ・アレクシーさん(40)によると、エカテリンブルクだけでなく、地方都市からも患者が集まるという。「薬物も医者の処方がないと罰金刑だが、2年前から状況は大きく変わっていない。当たり前だが、回し打ちをするとHIVに感染する可能性もある」と観光客に注意を呼び掛けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2018-6-15

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の 取組事例の募集開始について

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の取組事例の募集を開始いたしましたのでお知らせいたし…

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る