【HIV】耐性HIVに効果=感染関与の酵素特定-医科歯科大

【HIV】耐性HIVに効果=感染関与の酵素特定-医科歯科大

エイズウイルス(HIV)が細胞に感染する際、重要な役割を果たす酵素を東京医科歯科大などの研究チームが特定し、7日付の国際科学誌電子版に発表した。HIVは変異しやすく、薬剤耐性を持ちやすいが、この酵素はHIVが利用する細胞側の仕組みに関与する。酵素を抑える新薬ができれば、耐性を持ったHIVにも効果が見込めるという。

HIVは自ら増殖する力がなく、感染した細胞の仕組みを使って増殖する。

医科歯科大の武内寛明助教らは、免疫細胞のTリンパ球にHIVが感染する際、細胞に取り付いたHIVが遺伝情報が入ったカプセルを侵入させることに着目。カプセルが細胞内の「MELK」と呼ばれるリン酸化酵素で徐々に分解され、中から出てきたHIVの遺伝情報が細胞の遺伝子に組み込まれることを発見した。

MELKが働かないようにした細胞では、カプセルがタイミング良く分解されず、HIVが増殖しにくいことも分かった。

武内助教は「HIVが変異しても、必ず使わざるを得ない宿主の力を新たな標的として発見した。従来の抗HIV薬剤と組み合わせ、さらに改善された治療法として提示できる」と話している。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017070701308&g=soc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る