【HIV】東京医科歯科大 新機序のHIV薬開発へ /東京都

【HIV】東京医科歯科大 新機序のHIV薬開発へ /東京都

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科ウイルス制御学分野の武内寛明助教、山岡昇治教授らの研究グループは、京都大学、国立感染症研究所、塩野義製薬との共同研究で宿主細胞側の感染制御を利用した新たタイプの抗エイズウイルス(HIV)薬開発につながる宿主(ヒト)たん白質を見出した。

HIVがTリンパ球に感染しウイルス複製のサイクルが動き出すキッカケとなる脱殻に宿主細胞のMELKというリン酸化酵素が関与することをつきとめ、同酵素を阻害し脱殻を抑えるとTリンパ内のHIV増殖を抑制できることを確認した。

研究グループは塩野義製薬と新タイプの抗HIV薬として開発を進める予定だ。

http://www.kagakukogyonippo.com/headli…/2017/…/10-30098.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る