【BSE】英国産牛肉、年内にも輸入解禁へ BSEで禁止20年余

【BSE】英国産牛肉、年内にも輸入解禁へ BSEで禁止20年余

BSE(牛海綿状脳症)対策として、輸入を禁止してきた英国産牛肉の輸入が、年内にも解禁される。内閣府の食品安全委員会は6日、生後30カ月以下などの条件を満たせば「人への健康影響は無視できる」とする評価書をまとめ、厚生労働省に答申した。

厚労省は、現地の加工場を視察し、条件を満たせるかを確認したうえで、輸出を解禁する見通し。

BSEの感染牛は英国で1986年、世界で初めて確認された。ピーク時の92年は約3万7千頭にのぼった。人に感染する恐れが指摘され、日本は96年、英国からの輸入を禁止した。感染源となる飼料の規制が強化され、英国の感染牛は2012~15年は1~3頭と減り、16年は確認されなかった。

厚労省によると、牛肉の輸入量は全体で約62万トン(16年度)。英国からの輸入量は、禁止前の95年1月から96年3月までの約1年3カ月間で胃248トン、タン16トン、横隔膜0・9トンだった。

https://www.asahi.com/articles/ASL267KXGL26UBQU018.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る