【B型肝炎】国民全員ワクチンの重要性

抗ウイルス薬の進歩により、B型肝炎の治療は格段に進歩している。課題はいかに慢性化を防ぐか。そのためにも専門医への定期的な受診は欠かせない。肝炎に詳しい東京医科歯科大学消化器内科「肝炎・肝がん撲滅外来」の朝比奈靖浩教授はこう話す。

「基本的な予防法として、不用意で危険な性行為はしないこと。不特定多数の人との交渉がリスクになる。さらにコンドームを使うこと。また、パートナーがB型肝炎ウイルスキャリアーの場合は、ワクチンによる予防もある」

1986年(昭61)の母子感染防止事業で、B型肝炎に対するワクチン接種が、B型肝炎ウイルスのキャリアー率を劇的に下げるのに役立った。とはいえ、従来は防げたはずの肝炎も、急性肝炎から慢性化へ進む確率の高いゲノタイプAが増えてきたことなどから、より十分な対策が求められている。昨年10月からは、同4月1日以降に生まれた赤ちゃん全員を対象に、B型肝炎ワクチンの定期接種が実施されている。

朝比奈教授はこうアドバイスする。「今後も国民全員がワクチンを受ける“ユニバーサルワクチネーション”という考えを、さらに進めることが重要だと思います。一方、ワクチンはあくまでもB型肝炎の予防に関することであって、エイズを始めとする他の性感染症の感染に対するリスクまでが、減るわけではありません。そして、ワクチンを打っているから危険な行為をしてもいい、ということにはならないので注意してください」。

https://www.nikkansports.com/…/he…/news/201709140000733.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る