【黄熱病】中南米 / 中南米諸国地域で、ブラジルからの訪問者に対し「イエロカード」の提示を義務付け

【黄熱病】中南米 / 中南米諸国地域で、ブラジルからの訪問者に対し「イエロカード」の提示を義務付け

ブラジルで黄熱患者が増加していることから、2018年1月16日、世界保健機関(WHO)は、これまで黄熱ワクチンの接種推奨地域に含まれていなかったサンパウロ市を含め、サンパウロ州全域を推奨地域としました。よって、サンパウロ市を訪問される方も黄熱の予防接種が推奨されます。

また、アビアンカ航空でも、イエローカードの所持を奨励しています。(義務化ではありません)

なお、ボリビア、パナマ、ニカラグア、ベネズエラ、コスタリカ、エクアドル、キューバ、コロンビア、アルーバ、バルバドス、ベリーズ、キュラソー島、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラスでは、ブラジルからの訪問者に対し、黄熱予防接種を受けたことを証明するイエローカードの提示を義務付けしています。

従いまして、中南米旅行をご計画中で、ブラジルから対象となる地域に渡航を予定されている方は、黄熱予防接種をする必要があります。

例えば、ブラジルを経由・滞在後に、ウユニ塩湖(ボリビア)やエンジェルの滝(べネズエラ)、ガラパゴス(エクアドル)への訪問を予定されている場合は該当いたします。

ブラジル国内での患者数がさらに増加するなどした場合、現在は義務付けをしていない国が、ブラジルからの訪問者に対して同様の措置を行う可能性はあり、事前に各大使館、領事館への確認をお勧めいたします。

なお、黄熱の予防接種は、接種10日後から有効となります。

これまで、有効期間は10年とされてきましたが、WHOでは2016年に黄熱病接種は生涯有効と発表。日本でも厚生労働省から訳文が出ています。

旅行をご計画中の方は、感染症情報を含め、ご注意ください。

★ブラジルからの訪問者に対し、新たにイエローカード提示を義務付けた中南米諸国地域
※2018年3月5日現在 (50音順)
*アルーバ
*エクアドル
*エルサルバドール
*キューバ
*キュラソー島
*グアテマラ
*コスタリカ
*コロンビア
*ニカラグア
*パナマ
*パラグアイ※
*バルバドス
*ベネズエラ
*ベリーズ
*ボリビア
*ホンジュラス
※パラグアイは、ブラジルの4州(バイーア州、リオ・デ・ジャネイロ州、サンパウロ州、エスピリトゥ・サント州)地域からの入出国者が対象。

http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=80981

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る