【黄熱ウイルス】訪伯外国人は黄熱予防接種を WHOが声明発表 /ブラジル

世界保健機関(WHO)はブラジルを訪れる外国人らに対して黄熱ワクチンの接種を勧めている。

13日付伯メディアによると、世界保健機関は、ブラジル国内の黄熱病に感染する危険性のある地域を訪れる外国人は事前に黄熱ワクチンの接種を受けることを推奨するとの声明を発表した。感染リスクがあるとされていのはアクレ、アマパー、アマゾナス、バイア、エスピリト・サント、ゴイアス、マラニャン、マット・グロッソ、マット・グロッソ・ド・スル、ミナス・ジェライス、パラー、パラナ、ピアウイ、リオ・デ・ジャネイロ、リオ・グランデ・ド・スル、ロンドニア、ロライマ、トカンチンス、サンタ・カタリーナ、サンパウロの20州とブラジリア連邦直轄区で、これらの地域を訪れる人は少なくともその10日前にワクチン接種を受け、国際予防接種証明書(イエローカード)を携行しなければならないとしている。

2018年12月から19年1月にかけてはブラジル国内の11市で、黄熱病の人間への感染例が合計36例確認された。これらの感染例の大部分はサンパウロ州内で確認されたものだが、黄熱病の感染例が15年以降確認されていなかったパラナ州でも2例が確認されている。

黄熱病は頭痛、低発熱、虚脱、嘔吐、筋肉痛、関節痛などの症状を引き起こす。そして、最も重篤な段階では肝臓と腎臓の炎症、皮膚からの出血が起こり、死に至ることもある。

世界保健機関によると、ブラジルは今、黄熱病発生の第3の波の中にいる可能性がある。第1の波は16~17年に起こり、人間への感染が778例確認され、そのうち262例が死亡した。そして第2の波は17~18年に起こり、人間への感染が1376例確認され、そのうち483例が死に至った。

同機関は声明の中で「ここ2年のピークの中で観測された人間への感染例の大きな数字を今年が示すかどうかを判断するには時期尚早だが、ウィルスの伝播はブラジルの南方へ、そして集団免疫力が低い地域へと広がり続けている」としている。

http://saopauloshimbun.com/%E8%A8%AA%E4%BC%AF%E5%A4%96%E5%…/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る