【麻疹:はしか】ベネズエラ東部ではしか流行、先住民の子ども54人死亡 /ベネズエラ

【麻疹:はしか】ベネズエラ東部ではしか流行、先住民の子ども54人死亡 /ベネズエラ

ベネズエラ東部の遠隔地にある密林地帯で麻疹(はしか)が流行し、これまでに先住民の子ども少なくとも54人が死亡していることが分かった。人権団体が5日明らかにした。

非政府組織(NGO)カペ・カペ(Kape Kape)の責任者、アルマンド・オブドラ(Armando Obdola)氏は、「(はしかは)1月に入って広がり始めており、衛生警報の発令を求めている」と述べた。

オブドラ氏によると、はしかが流行しているのはベネズエラ東部デルタアマクロ(Delta Amacuro)州で、今年に入ってから先住民族ワラオ(Warao)の子どもたちに死者がでているが、「薬がなく、医師や看護師は何もできないでいる」と訴えている。

中南米地域は2016年にはしかの撲滅が宣言されたが、世界保健機関(WHO)アメリカ地域事務局である汎米保健機構(PAHO)は先月、ベネズエラでのはしかの流行を報告していた。

ベネズエラでは今年1~3月に確認された感染者は159人と、南米9か国の中で最多。2番目に多いブラジルは14人だが、全てベネズエラから持ち込まれた症例だ。

PAHOは「全ての確認された感染者はワクチン接種を受けていない、9か月から18歳までのベネズエラ人」と述べている。

NGOカペ・カペのホセ・ナベダ(Jose Naveda)氏は「彼らは社会から取り残されている。ほとんど死を待っている状況だ」と語っている。

ルイス・ロペス(Luis Loez)保健相は3日、ニコラス・マドゥロ(Nicolas Maduro)政権が、ジフテリアやはしか、黄熱の全国規模のワクチン接種計画の開始に向けて詳細を調整しているところだとツイッター(Twitter)で明らかにしていた。

www.afpbb.com/articles/-/3170221…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る