【食中毒:黄色ブドウ球菌】食中毒で大分市の弁当屋を営業停止処分 /大分県

【食中毒:黄色ブドウ球菌】食中毒で大分市の弁当屋を営業停止処分 /大分県

大分市は1日、弁当店で先月25日に弁当を買って食べた16人が下痢や腹痛を訴え、うち5人の便から黄色ブドウ球菌を検出したと発表しました。市は食中毒と断定し、この弁当店を1日から6日間の営業停止処分にしました。

営業停止処分を受けたのは、大分市の弁当店「松喜屋」です。

大分市保健所によりますと、先月25日、店で販売した弁当を食べた高校生グループ45人のうち16人が下痢や嘔吐などの症状を訴えました。

このうち9人が医療機関を受診し、検便を行った5人から黄色ブドウ球菌が検出されました。

店が保管していた弁当の残りのおかずを検査したところ、ハンバーグや大豆サラダなどから同じ菌が検出されました。

市は、店の温度管理が不十分だったとみられています。

https://kyushu.nqnews.jp/4171

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2018-6-15

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の 取組事例の募集開始について

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の取組事例の募集を開始いたしましたのでお知らせいたし…

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る