【食中毒】食中毒は10日後に発症することも

【食中毒】食中毒は10日後に発症することも

この時期になると、明らかに食中毒、という患者さんが多くなります。ところがみなさん「食あたり」というと、食べてすぐに発症する、食べた全員が発症する、といった固定観念をお持ちの方が多いのですが、それは誤っています。

家族で同じ物を食べても、たまたま原因となる一皿をその人が大量に食べた場合、その人だけ発症します。個々の体調だってあるでしょうし、胃酸がたくさん分泌されている人は大丈夫でも、そうでない人もいます。

また、直近に怪しい食材を食べていない場合、我々は「1週間ほど前に、焼き鳥屋さん、行ってない?」と尋ねます。意外と当たるんですね、これが。キャンピロバクターという細菌は、生、あるいは加熱不十分な鶏肉に多く生息します。他の食中毒菌と比べて腸内での繁殖が遅いため、食後7~10日後に発症します。

熱も出ますし、頭痛や筋肉痛などもあるため、カゼと間違えられることもありますが、下痢は必発ですので、プロなら診断は容易です。ニューキノロン系の抗菌剤がよく効き、入院するほどの重症化はありません。肉からサラダなどへの二次感染もありますので、夏場の外食は、行くなとは言いませんが充分注意してください。

これとは別に、食べてすぐ起こる食中毒は、その辺に常在する黄色ブドウ球菌から出る菌毒素によるもので、古くなった、おむすび・牛乳・卵焼きなど、食べて数時間で腹痛・嘔吐からはじまります。他にもサルモネラや腸炎ビブリオなど、食後すぐに発症する原因菌もたくさんあります。

梅雨から夏にかけて、食材が傷みやすい季節になります。古くなったものは食べない、できるだけ加熱したものを食べるなど、予防できることはしっかりやっておきましょう。

https://www.daily.co.jp/…/docto…/2018/07/13/0011438589.shtml

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る