【食中毒】県が立ち入り調査 蒲郡、フグ肝臓販売のスーパー /愛知県

【食中毒】県が立ち入り調査 蒲郡、フグ肝臓販売のスーパー /愛知県

愛知県蒲郡市形原町の「スーパータツヤ」が販売したフグの切り身パックに、有毒部位の肝臓が含まれていた問題で、県豊川保健所は16日、店への立ち入り調査を行った。店側に違法性の認識はなく、フグ販売をやめる意向を示しているため、県は営業停止などの処分はしない。

県生活衛生課によると、店が15日に販売したヨリトフグの5パックのうち、3パックは店と豊川保健所蒲郡分室が回収したが、残る2パックの購入者からは店側に「肝臓も含め、食べた」と連絡があった。さらに、店と保健所分室には15日以前に販売された計3パックも購入者から持ち込まれた。

店は1998年、県に「フグ処理施設」としての営業を届け出ている。「フグ処理師」の資格を持つ従業員もいる。

食品衛生法はフグ全種の肝臓の提供を禁止しているが、店の経営者もフグ処理師も「ヨリトフグの毒性は低く、問題ないと思っていた」と話し、違法と思っていなかった。店側は、フグ処理施設の廃止届を県に提出する。

県は今後、他の店舗で同様の販売事例がないか、調査することを検討する。

www.chunichi.co.jp/s/article/2018011790000132.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る