【衛生管理】医師法違反 入れ墨彫り師に罰金30万円求刑 /大阪

【衛生管理】医師法違反 入れ墨彫り師に罰金30万円求刑 /大阪

医師免許を持たずに入れ墨(タトゥー)を施したとして、医師法違反罪に問われた大阪府内の彫り師、増田太輝被告(29)の公判が21日、大阪地裁であり、検察側は罰金30万円を求刑した。

増田被告は「入れ墨はアートであり、医療ではない」などと無罪を主張しており、9月27日に判決が言い渡される予定。

検察側は、入れ墨はアレルギー症状や感染症を招く危険性があり、医師免許が必要な医療行為だと改めて強調。

被告は4年間で100~150人の客に入れ墨を施しており、「医学的知識を持たずに入れ墨を繰り返し、保健衛生上の危険は高かった」と指摘した。

弁護側は入れ墨は表現行為であり、取り締まりは憲法が保障する表現の自由などを侵害すると訴えているが、検察側は「文化的価値があっても入れ墨だけを医師法の例外にはできない」と述べた。

https://mainichi.jp/articles/20170722/k00/00m/040/065000c

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2018-6-15

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の 取組事例の募集開始について

    第2回「薬剤耐性(AMR)対策普及啓発活動表彰」の取組事例の募集を開始いたしましたのでお知らせいたし…

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る