【衛生管理】使い捨て医療機器再使用 徳島市民病院、2017年度175件手術 /徳島県

【衛生管理】使い捨て医療機器再使用 徳島市民病院、2017年度175件手術 /徳島県

徳島市民病院(同市北常三島町2)が、国の通知で使用後に廃棄するよう定められている医療機器を、2017年度の手術約175件で再使用していたことが29日、同病院への取材で分かった。健康被害は確認されていないとしている。

同病院によると、医療機器は、骨を切断する「ブレード」と、骨に穴を開ける「ドリルバー」。17年4~8月、整形外科の手術で約170件、脳神経外科の手術5件で滅菌処理して再使用していた。9月に県外の病院で同様の問題が明らかになって以降は、使い回したケースはないという。

手術の際には、形状や大きさが異なる複数の機器を開封して用意する。実際に使うのは患者に合う機器だけだが、感染防止のため手術後に全て廃棄する必要がある。

しかし、封を開けただけのものや、ほとんど使っていないものなど、全てを廃棄するのは非効率と考え、一部を院内の専用装置で洗浄、滅菌した上で使っていた。

三宅秀則院長は「国の通知は以前から周知してきたが、十分に行き届いていなかった。再発防止を徹底する」と話している。
厚生労働省は04年から3回にわたって使い捨ての医療機器の再使用禁止を通知してきたが、17年8~9月、兵庫医科大病院や大阪市立大病院で使い回しが発覚。これを受け、9月21日付で改めて都道府県知事宛てに同様の通知を出している。

http://www.topics.or.jp/articles/-/28565

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2017-7-3

    感染症.comのご利用ガイドMAP

    一緒に問題を解決しましょう! お客様の勇気ある一歩を、感染症.comは応援致します! 当サイトを…
  2. 2017-7-3

    感染症ガイドMAP

    様々な感染症情報のガイドMAPです 下記のガイドを参考に、情報をお調べください。 感染症.com…
  3. 2017-7-13

    業界最安値保証の格安な検便検査!

    業界最安値保証の格安な検便検査! 他社の価格より5%以上お値引き致します! 格安な検便検査(腸内…
  4. 2017-8-7

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました!

    学術雑誌「医療看護環境学」を創刊致しました! どうぞご利用ください! 医療看護環境学の目的 …
  5. 2020-7-10

    新型コロナウイルス対策セミナーのお知らせ

    介護事業者だけでなく、一般企業からも大好評をいただいております 感染症.comでは、新型コロ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る